税理士に相談しよう

税務関連の仕事に就いたことのない方にとって、税理士の仕事とはなんだろうという疑問があるかもしれません。税理士は税金の専門家であり、所得税、法人税、相続税、消費税、事業税、固定資産税等、あらゆる日本の税金に対して、個人や会社に合った方法でスムーズに納税できるようにサポートをすることが仕事となっています。

では、良い税理士の選ぶにはどうしたら良いのでしょうか。まずは、ご自身の設立する会社について、業種、売上規模、予算、税理士に依頼する内容等を明確にした上で、予算内に抑えるようにプランを立ててもらえるか、依頼した内容についてしっかり対応してくれるか、サービス業としての目線で顧客に合ったサービスをしようとしてくれているか、といった姿勢を見ることが大切になります。税務を扱う人は、時に顧客目線ではないこともあります。あくまで顧客のニーズに応える立場で考えて提案をしてくれる税理士を探すようにしましょう。

探し方としては、インターネットで検索する方法、知人や会社の紹介、税理士紹介サービスの利用等があります。より良い税理士を探し出すことが、会社設立、設立後の運営にも影響しますので、しっかりと見極めるようにしましょう。

税理士依頼のメリット

会社を設立するにあたり、必要な手続きとは、定款(ていかん)書類作成、作成した定款を法務局に提出(設立登記)、この二点になります。税理士に依頼することで、税務を扱うプロに代行してもらえますので、安心して税務関係の書類作成や届け出を任せることができます。また、契約内容にもよりますが、設立後の顧問契約が条件として、設立の手数料を安くすることができたり、設立後のフォローや相談にものってもらうことが可能です。

会社設立には膨大な労力が必要となりますが、税務署との付き合いは設立後もずっと続く為、丁寧に慎重に行う必要があります。ミスなく丁寧にする為には、専門知識と経験豊富な税理士を活用することが最も効率的です。また、思わぬ失敗により、実際は払わなくても良い税金を納める必要が生じたり、経費扱いとなるべき出費が計上されなかったりと、税務上には様々なトラブルがつきものです。ご自身でされるよりも、税理士に会社設立の代行を依頼することで、無駄や失敗を防ぐことにもなり、健全な会社経営をすることができます。会社設立時の手続きによって、その後の税金対策に大きな影響を及ぼします。最初が肝心であるという認識をして、節税の為にも税理士に相談されることをお勧めします。

会社設立をするなら

企業したい、独立して会社を立ち上げたいとお考えの方で、どこから手をつけて良いか分からないと悩まれている方も多いと思われます。会社設立と聞くと、大変なお役所仕事が待っているというイメージがありますが、実際、膨大な書類作成が必要になる可能性もありますので、ここは個人でされるよりも、会社設立について詳しい税理士に相談されることをお勧めします。もちろん、時間に余裕がある方はご自身ですることもできますが、その分設立に時間を要して、せっかくの立ち上げの絶好の機会を逃してしまう可能性もあります。勢いがある間に設立し、会社を軌道にのせたいと考えるのであれば、税理士に任せることが効率的な手段と言えます。また、時間がかかることで、収入がないまま過ごす時間が多いということは、実質的には損失となり兼ねません。会社設立のスピードを考えれば、やはりプロに相談することが賢明です。

会社設立までの道のりは、事業内容によって異なり、手順は多岐にわたる為、時間と手間、かなりの労力を必要とします。税理士に相談することで、専門的な知識を活かして最短で最適な提案やアドバイスを受けることができます。会社を立ち上げてからもすることは山のようにありますので、少しでも負担を減らす為に、より良い代行サービスを提供している税理士を探すようにしましょう。税理士と言っても、その技量や知識、経験は一律ではありません。最も適した税理士を選ぶ為に、サービスの内容等について説明します。