税理士依頼のメリット

会社を設立するにあたり、必要な手続きとは、定款(ていかん)書類作成、作成した定款を法務局に提出(設立登記)、この二点になります。税理士に依頼することで、税務を扱うプロに代行してもらえますので、安心して税務関係の書類作成や届け出を任せることができます。また、契約内容にもよりますが、設立後の顧問契約が条件として、設立の手数料を安くすることができたり、設立後のフォローや相談にものってもらうことが可能です。

会社設立には膨大な労力が必要となりますが、税務署との付き合いは設立後もずっと続く為、丁寧に慎重に行う必要があります。ミスなく丁寧にする為には、専門知識と経験豊富な税理士を活用することが最も効率的です。また、思わぬ失敗により、実際は払わなくても良い税金を納める必要が生じたり、経費扱いとなるべき出費が計上されなかったりと、税務上には様々なトラブルがつきものです。ご自身でされるよりも、税理士に会社設立の代行を依頼することで、無駄や失敗を防ぐことにもなり、健全な会社経営をすることができます。会社設立時の手続きによって、その後の税金対策に大きな影響を及ぼします。最初が肝心であるという認識をして、節税の為にも税理士に相談されることをお勧めします。